X
よくある間違い「I made an appointment with my friend」 ①

By Carina Delay 2024/03/16


よくある間違い「I made an appointment with my friend」 ①


こちらの記事には、最後に練習問題がありますので、ぜひそちらもご利用くださいね!

つい先日、長久手市にある私たちのスクールでのグループレッスンで、ある生徒さんが言いました。

「...I really wanted to see that friend again, so I made an appointment with her.(...その友達にどうしてもまた会いたくて、約束をしました。)」

それを聞いて私は、”その友人は医者なの?”と思いました。

しかし私は最近、日本語の「約束」という言葉を学んでいたので、おそらくこの生徒が言いたいことは別のことだろうと思い、彼女に尋ねました。

「そのお友達はお医者さんですか?」

すると彼女は、

「いえいえ、違います!私、何か変なことを言いましたか?」

うーん…。確かに、意味として間違ってはいません。「appointment」を和訳すると「約束」となる場合もあるからです。しかしそれはこの言葉の数ある和訳のうちのたった一つに過ぎないのです。

私たちのレッスンでは、どんなにたくさん英語の間違いをしても大丈夫です。英語の語彙には本当に多くのニュアンスがあるので、それらを学び覚えるためにも、間違うということはとても良い機会なのです。そのため私たちのレッスンでは、生徒さんが自由に話し、たとえ間違ったとしてもそれを気楽に受け止められるような環境作りをしています。

ダンスを習得したいなら、ダンスを実際にする必要があります。言語を習得したいなら、やはり話さなければなりません。言語とは、書いたり読んだりする以前に、話すものなのです。語学分野の専門家なら、これは誰もが知る事実でしょう。だからこそ私たちは、たとえ間違ったとしても、生徒さんたちにはたくさん話す機会を持ってほしいと考えています。

それでは、本日の学習ポイントに戻りましょう。:

この場合、なぜ "apointment "は正しくないのでしょうか?

実際のところ、これは少しややこしく微妙なニュアンスです。私が調べた辞書の中で、この言葉の実際の用法により近い定義を示していたものは、ケンブリッジ辞典だけでした。:

  • “a formal arrangement to meet or visit someone at a particular time and place:”
    (特定の時間と場所で誰かに会う、または訪問するための正式な取り決め。)

ここで「formal」という言葉が重要です。「apointment」とは、2人の間で何らかのビジネスや仕事の内容を含む会話でのみ使用されます。通常、何らかのアドバイスやサービスを求める人とその専門家の間で使われるのです。

例文を見てみましょう。:

  • I have an appointment on Thursday with the doctor.
  • She has monthly appointments with her hairdresser, nail technician and esthetician.
  • The bank asked me to bring my mortgage documents for my appointment with the financial advisor.
  • Oh no! I’m running late and I’m going to miss my appointment with the dentist!
  • He has an appointment to see his lawyer at 2pm.
  • If you would like to check out our trial lessons, contact us today to make an appointment!

では、ネイティブ・スピーカーたちはカジュアルな会合としての「約束がある」ことをどのように表現するのでしょうか?

ビジネスや仕事内容が含まれていない場合、友人などと会うときに使う正しい英語表現は、「to make plans (to do something)」です。

  • I really wanted to see that friend again, so we made plans to meet.
  • Sorry, we can’t go out this weekend. We’ve already made plans with my in-laws.
  • We should make plans to see each other again!
  • I really wanted to join you guys, but I already had plans to meet another friend that evening.
  • Whenever you make plans with him, send him a reminder a day in advance. He’s a busy man and might forget about it.

しかし「to make plans」には、ある特定の使用範囲があり、どんな状況でも使えるというわけではないので、単純に「約束をする」という和訳になるわけではありません。シチュエーションに合わせて自由に使用すれば通じますが、英語のネイティブ・スピーカーが聞くと、自然な表現だと思われない場合もあるかもしれません。

本日の結論としては

  • 何かの専門家と、その顧客が仕事関係のことで会うのであれば、「appointment」という単語を使いましょう。
  • ビジネス内容を含まず、友人同士の会合で楽しく過ごすことが目的であれば、「to make plans」というフレーズを使いましょう。

「to make plans」というフレーズの使い方をより詳しく学ぶために、ぜひこちらのブログのパート2をご覧くださいね!次回ブログの公開はもうすぐです!

ぜひあなたの英語学習にお役立てくださいね!

初夏キャンペーン エクスリンガルのプライベート又はグループレッスン 全コースは3ヶ月20%オフ! 6月30日までのお問い合わせ対象

初夏 キャンペーン

メールマガジン登録

×