X
動詞+ingで未来形って、本当?

By Gareth Macdonald 2021/11/26


動詞+ingで未来形って、本当?


以前の投稿 で、ネイティブスピーカーの現在進行形の様々な使い方を簡単にご紹介しました。この投稿では例文と共に、現在進行形で未来について伝える 用法をご説明したいと思います。長年日本人の方へスピーキングとライティングを教える中で、未来のことについて進行形を用いることは、多くの人にとって驚きであることがよくあります。これは「going」や「will」のみが未来について語るときに使われると中学校で教わっているからだと思います。残念なことに、これが原因で多くの生徒さんが未来の予定について話すとき、不自然な言い方になってしまうのです。では、未来についてもっと自然に話す方法を学んで行きましょう。

現在進行形は、決めたことや手はずを整えたことに使います。ですから、あなたが次の週の予定を尋ねられたりするときが良い例となるでしょう。では、例文をご覧ください。

  • Taka: So Kate, how is your schedule looking next week?
  • Kate: Mmm let’s see. On Monday, I’m meeting a customer in Handa and after that we are having dinner together. I’m going to Tokyo on Tuesday and staying there on Tuesday night, coming back Wednesday.
  • Taka: What are you doing on Wednesday evening?
  • Kate: I’m getting my hair done at a hair salon in Fujigaoka and then meeting a friend for drinks. Thursday is a quiet day, I’m just working at the office all day.
  • Taka: And Friday?
  • Kate: I’m going to Kanazawa in the morning and staying the weekend. I have a conference there on Saturday and am staying there on Saturday night because I’m going on a tour of the Noto peninsula on Sunday. I’m coming back to Nagoya on Sunday night.
  • Taka; Wow, you have a pretty busy week.

ケイトとタカは会話の間ずっと、現在進行形を使っています。これはケイトが手はずを整えたことを話しているからです。注意してください。彼女は、「will」や「going to」 を全く使っていません。これが自然な会話です。

まずは易しい部分です。「will」はすでに準備したことを話すときに使わないほうがよいでしょう。この使い方は間違っています。もう少し難しいのは、「going to」と現在進行形の違いです。基本的に「going to」は決めたけれど、まだ準備を終えていないことに使います。 例文:

  • I’m going to buy a new car next year. (I haven’t seen any dealer, no arrangements yet but I intend to do it)
  • He is going to go to America to study after university. (he has decided, but no plane tickets booked etc)

あいまいな部分もあります。タカとケイトの例では、タカは「What are you doing on Wednesday night?」と尋ねています。彼は「What are you going to do on Wednesday night?」と言えたかも知れませんし、文法的には正解でしょう。でも、ケイトが予定について話しているので、おそらく現在進行形の方が より自然です。

また現在進行形は、行動を始める少し前に、その動作について話すときにも使います。例えば、

  • John: I’m arriving in 2 mins. (Just before he arrives at the person’s house)
  • Kevin: I’m getting up. (He is still in bed, but about to get up)

これらの例が、英語で未来についてより自然に話すためのお役に立てれば幸いです。私たちエクスリンガルでは生徒さんが、ネイティブのように話すことができるお手伝いを喜んでいたします。いつでもお越しになって、無料体験レッスンをお試しください。楽しく学習し、お元気にお過ごしくださいね。

Start 2022 like a Tiger! オンラインまたは対面にて無料レベルチェック・体験レッスンをご希望の方は、エクスリンガルまでお気軽にお問い合わせください。

お年玉キャンペーン

メールマガジン登録

×