外国語をすぐに翻訳してしまうのをやめてみませんか

by Gareth, May 10, 2020

前回の投稿で、私が日本語学習において犯した大きな間違い―学習初日から全編日本語の本を使う代わりに、英語の本で学ぶのに何時間も費やしたこと―について話しました。この間違いに言及し、どうすればそれを避けられるかについて話した時、生徒さんたちからよく聞かれる質問の一つは、新しい単語やフレーズ、イディオムに遭遇したときに何をすべきか、またどう対処するかというものです。非常に良い質問ですね。この記事ではまず、即座に対訳辞典(英和辞典など)を参照することにおける問題と、より良いアプローチについてお話します。

特に初級者の方にとっては、新しい単語を見つけてすぐ対訳辞典で調べることをやめるのは難しく思えるかもしれません。対訳辞典を使うのは、新出単語の意味を素早く理解するための最良の方法に見えますよね。…確かにそのとおり、早いのです。しかし残念ながら、この早さや見かけ上の効率は重大な問題点を伴い、長い目で見た時の非効率化につながります。


まず一つ目です。私は長年の教師生活の中で、多くの生徒さんがすぐさま電子辞書に手を伸ばす姿を見てきました。かつての私もそうでした。ここでの最初の問題は、スピードのみが追求され、文や会話の中で使われた単語をはっきりと理解していないことです。ごく単純な名詞でもない限り、一つの単語が2〜10の異なる意味を持つことはよくあります。そしてその意味は、その単語がどのように使用されたかの文脈に大きく依存します。最近の電子辞書の優れた点の一つは、単語のそれぞれの意味ごとに例文が載っていることです。残念ながら、該当の単語が特定の文脈の中で何を意味するのか、時間をかけて読み、理解しようとする人はほとんどいません。そのため辞書に載っている最初の意味で受け止めてしまうのです。例えば、以下の文を見てください。

He treated her to dinner.
ひょっとすると「treat」という動詞の意味が分からないかもしれません。この単語をWeblioの英和辞典で調べると、次のような日本語の意味が出てきます。

「(…に)待遇する、取り扱う、(…を)(…と)みなす、(考えのうえで)扱う、(…に)論じる、扱う、述べる、(…で)治療する、手当てする、治療する」

これらの意味のリストには単語の本当の意味が現れていないため、非常に紛らわしいものになる可能性があります。実際、この文脈における「treat」はWeblioでは4番目の意味であり、最初の意味よりずっと後にあります。


しかし、翻訳するのではなくまず文脈から意味を掴もうとすれば、この文の中で何が起こっているのかすぐに理解できるようになるでしょう。次のアプローチは、ケンブリッジマクミランなどの英英辞典です。これらは日本語で書かれていないのでゆっくり読まなければならず、脳の処理速度が遅くなり、文章の中にあるその単語や、その単語が辞書に載っている様々な意味とどう関わるかについてより深く考え始めます。さて、あなたはこれで、例えばケンブリッジ英英辞典の「treat」の項目から「to buy or pay for something for another person」という意味を見つける可能性が高くなります。まず文脈から単語の意味を理解しようとしたので、リストの中から正しい意味を見つけられるでしょう。ここまであなたはまったく日本語に触れていませんが、単語の意味を見つけるために努力が必要でした。この行程が単語の脳への定着を多少なりとも助けると考えています。


すぐさま翻訳してしまうことの二つ目の問題は、もし偶然その言葉を正しい意味で理解していたとしても、あなたは今それを日本語で考えているということです。「あー、『treat』は『人に○○をごちそうする』…これは『彼が彼女にごはんをごちそうした』って意味だな」。ここであなたの脳はあなたの母国語に切り替わりました。私たちの脳は元来怠惰であり、そちらのほうが少ない労力で事足りるからです。それはまさに早くて簡単であり、英語のことわざで言うように「Easy come, easy go(得やすいものは失いやすい)」です。


最後の問題は、これを続けることで、翻訳することが自然な習慣として脳に刻みついてしまうことです。あなたは時間の経過とともに悪い習慣になる翻訳の仕組みを採用してしまっているのです。あなたは自分の言語で考えてからその内容を第二言語に翻訳するようになります。これは長期的には、学習中の言語の熟達を遅らせる要因となります。


翻訳するのを避けながら新しい単語を学ぶためのアプローチはいくつかあり、今後の投稿で扱いたいと思っています。こちらの記事でお話した最初の方法は、対訳辞典に頼るのではなく、スピードをゆるめ、まず文脈について考えて、単語の意味を推測することです。次に、数多く存在するオンライン英英辞典のどれかで調べて、例文と意味からその単語が意味するものを見つけてみてください。まだその単語の意味がわからない場合は、最後に対訳辞典を使ってください。ただし、時間をかけて、たくさんの意味を羅列した長いリストからその単語の本当の意味を見つけて、例文も読んでください。この長い行程は非効率的で遅く見えますし、実際そうなのですが、習慣の改善や単語のより深い理解、単語の正しい使い方を身につけることにつながります。そして時間の経過に伴って、流暢さを獲得するため―ほとんどの人がそのために言語を学んでいます―の近道に導いてくれます。この方法をぜひ何ヶ月か試していただき、役に立ったと思ったら、メールか公式SNSで教えてくださいね。私たちは非常に役に立つと感じています。楽しい学習を。

あなたもエクスリンガルの英会話レッスンを体験してみませんか。親しみやすくプロフェッショナルな教師陣からたくさん学び、他の生徒さんとの出会いをエンジョイしていただけるはずです。

英語のレベルチェックや体験レッスンを無料でご用意しております。お気軽にこちらまでお電話ください。 0561-42-5707(日本語) || 090-9339-6236(英語) お問い合わせ受付時間:火曜日から金曜日8:30-13:00 土曜日 13:00-17:00 メールでのお問い合わせ [email protected]

Tagged: · · · · · · · · · · · · · ·


Page generated in roughly: 0.058813 Seconds, 0 API Calls, 16 SQL Queries, 0 Cache Objects