皮肉:ヨーロッパ独特の習慣?

by Christina, April 8, 2020

あなたは今、人気のハリウッド映画を見ているとしましょう。主人公が若い男に「君のタイプは?」と尋ねます。若い男は「女の子の?」と聞き返します。主人公は真面目な顔つきで「いや!サラダドレッシングの…」。ネイティブの英語話者は、ここで主人公の不自然な言葉運びを面白いと思うでしょう。彼はSarcasm(皮肉)を使っています。ただし、日本語字幕では「サラダドレッシング」は完全に省略されています。キャラクターの皮肉まじりの返事は翻訳されません。そこにあったユーモアは失われてしまいます。

日本で過ごす短い時間の中で気づいたことが一つあります。英語(または初級レベルの日本語)を話す時に皮肉を使うと、居心地の悪い誤解を生み、長ったらしい説明が必要になる場合があるということ。何人かの人に、これはアメリカの一般的な慣習なのかと尋ねられました。ええと…自分と家族、親しい友人についてしか分かりませんが、はい。私たちはほぼすべての会話に皮肉を忍ばせています。これは音楽、テレビ、映画などあらゆるメディアにも浸透しています。英語を母国語としないほとんどの人にとっては、混乱を招く可能性があり、面白くもありません。皮肉とは何か、なぜそれを使用するのか、そしてそれが英語とどのように関わるスキルであるのか見てみましょう。

Sarcasm(皮肉、嫌味)とは何でしょう?定義によると、ある人が言葉にしたこととは真逆のことを意味する、揶揄的な表現です。これは「Irony(皮肉、意外な成り行き)」とよく比較され、侮辱的または滑稽な言い方として使用できます。例えば、誰かが失礼なことを言っているのを聞いて「うわー、本当に親切だね!」。この例では、あなたが相手を意地悪だと感じていて、その振る舞いを好ましくないと見なしたことを相手に理解してもらいます。ユーモラスな使い方なら、「ああ、彼は自分が知ってる中で一番意地汚い男だ!」と言って誰かがいかに素晴らしい人物であるかを伝えたいと思うかもしれません。あなたが誰のことを言っているのかみんなが知っている場合、それは間接的な褒め言葉(彼はとても気さくで優しい)として理解され、だから面白いのです。

英語話者はなぜそんなに皮肉を使うのでしょう?ほとんどのアメリカ人(私はアメリカ人についてだけお話しできます!)は遠回しに冗談を言ったり、特定の状況下で、最大限に機転の効いたコメントを真っ先にするのが好きです。SarcasmやIrony、言葉遊びを使うことは、文字通りの直接的な感想を言うよりも面白いと考えられています。また、それらはあなたの頭の回転の速さを示すことにもなります。深刻な状況、居心地の悪い状況で緊張を解きほぐすこともできます。仲間内、特に若い人たちの間では、面白い人ほど人気者になります!

皮肉と英語はどのような関係にあるのでしょうか?実は、この二つは密接に関係し合っています!SarcasmやIrony、必要に応じたPun(駄洒落)の技術を学ぶことなしに、良い英語体験はできません。私の経験では、次の二つの条件を満たして、初めて本当に言語が堪能になったと感じることができます。a)字幕なしで映画を見ることができる。b)ジョークを言ったり、理解することができる。皮肉の概念は西洋の言語の多くに織り込まれており、英語学習のカリキュラムにもこれらのテクニックを組み込むことは不可欠です。

というわけで、次回英語で映画やテレビ番組を見る時は、字幕が文字通りの翻訳かどうかに注意を向けてみてください。登場人物がSarcasmやIrony、言葉遊びを使っているのに気がつくと、その場面はもっと面白くなり、作品をさらに楽しむことができます。そして、英語話者の友達を楽しませたり、授業中に冗談を言いたい時は試してみてください。短い皮肉も相手の大笑いを誘うものになり得るんです。みんな知っているように、みんな笑うのが大嫌いですよね?

風刺と皮肉について詳しく知りたい方は、リンクをクリックしてください。

このブログを読んだことで、エクスリンガルでのレッスンでも、世界を旅する時でも、英語を話さなければいけないあらゆる状況で、皆さんに英語の未来形をより自然に使ってみてもらえると嬉しいです。 エクスリンガルの教授経験豊富で明るいネイティブ講師と勉強したい方は、グループコース、マンツーマンコース、オンラインコースなど、あなたのご予算に合うコースがあるかどうか料金ページをぜひご覧ください。一般英語、ビジネス英語、ライティング等のコースもぜひチェックしてみてください。エクスリンガルは、長久手市はなみずき通、みよし市三好ケ丘、尾張旭市旭前、名古屋市伏見 、そしてオンラインでレッスンをご提供しております。さらに、レッスン以外ではランゲージ・エクスペリエンスをご用意しています。詳細はこちらをご覧ください。意欲的に語学を勉強できるエクスリンガル・ファミリーへの仲間入りを心よりお待ちしております。 それでは、次回のブログまで語学学習を楽しんでくださいね。

Tagged: · · · · · · · · · · · · · ·


Page generated in roughly: 0.028855 Seconds, 0 API Calls, 16 SQL Queries, 0 Cache Objects